グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  受診案内 >  患者さんの権利と責任

患者さんの権利と責任


ページ内目次


医療とは、患者さんと医療者が、情報を交換して理解しあい、よきパートナーとして信頼関係を築いたうえで、協力して作り上げていくものです。私たちはこのような考えに基づき、患者さんにも主体的に医療に参加していただくことを願い、ここに患者さんの権利と責任を定めます。

権利

① 適切な医療を受ける権利

良質で安全な医療を平等に受けることができます。

② 知る権利

症状・検査・治療について十分な説明を受けることができます。
院内の他の医師や他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
診療記録の開示を求める権利があります。

③ 自己決定および医療機関を選択する権利

十分な説明を受けた後、治療や検査を受けるか受けないか、どの医療機関で受けるかを決定する権利があります。

④ プライバシーが保護される権利

医療上の個人情報は保護されます。

⑤ 尊厳が守られる権利

いかなる場合でも患者さんの人格が尊重され、その尊厳が守られる権利があります。

責任

① ご自分の情報を提供する責任

患者さん自身の医療に関する情報を提供してください。

② 医療に協力する責任

患者さんも治療に参加してください。